岐阜市の歯科医院あいデンタルクリニック 治療案内 【審美歯科】

治療案内
HOME  >>  治療案内  >>  審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、美しさを追求する歯科医療。 「審美」という言葉の響きから、どのようなことを想像されるでしょうか。美容整形やエステ、などのイメージが湧くでしょうか。
審美歯科(しんびしか)とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事を指します。
見た目と機能を両立させることが治療の目的になります。

審美歯科の具体的な治療例

<健やかで豊かな生活へ導きます。>

一言に審美歯科といっても、単純に見た目をきれいにするだけが目的ではありません。審美歯科治療によって、正常な咬み合わせを作り出し、身体の機能をあるべき状態へ導くこともできます。また、歯にコンプレックスを持っていて人と話し辛い、思いきり笑えない、という方の悩みを解消することも、審美歯科の重要な役割の一つです。

<きれいと健康は表裏一体>

人の身体において「きれい」ということと、「健康である」ことは表裏一体のものであり、特に歯においてその美しさは、機能美であることが多いと考えられます。様々な機械や車、電車なども力学的に考えられ、効率良い設計をされた場合に同時に美しさを併せ持ってしまうことに気づくことがあります。だからこそ近年 審美歯科の需要が高まっているのです。
元来、歯は「生体鉱物」と言われる特殊な身体の組織、器官であり、その機能を果たすために細胞の一つ一つが確実な配置をとって構成されています。機能を果たすために最適な形態を持っているものなのです。そして審美歯科はその最適な形態になるべく近づけることを目的としています。

審美歯科の目的も、他の一般的な医療行為と同様、ひとりでも多くの方が豊かな日々を送ることができるよう、健やかな身体づくりに貢献することにあります。歯についてお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

審美歯科の基本的な流れ

審美歯科治療を行うにあたっての大まかな手順をご紹介します。
歯の症状、ご予算、患者様のご希望により方法は様々ですが、ここではどの治療にもあてはまる基本的な流れをご紹介します。

1.カウンセリング
悩みをもっている部分についてよくお話しをお聞きし、どの治療法が適当であるのか、その利点と弊害について、治療時間・期間、費用についてしっかりと説明致します。納得のいくまでいくらでも質問して下さい。

2.診断
レントゲン撮影や、歯周のポケット診査などを行って根本的な病気の有無を診査します。虫歯や、歯周病といった病気がある場合には、審美治療の前にそれらの治療を優先させることもあります。

3.虫歯治療などの基本的な治療
虫歯や歯石のクリーニングが必要であれば、それらお口の中の病気自体を治療することが先決です。きちんとした組織に戻してから審美治療を行います。

4.ホワイトニングや歯の形成・型取りなどの治療
お口の中が健康な状態になったら、薬液を使用するホワイトニングや、歯の型取りなどの治療を行います。

5.治療完了
納得のいく色や形に仕上がっているかをご確認します。ご満足いかない場合には、具体的に気になる部分についてお申し付け下さい。

6.メンテナンス
一度きれいになっても、歯をそれまでと同じ扱いをしていては元に戻ってしまうこともあります。定期的に歯科医院でのメインテナンスに通い、日ごろのご自身のお手入れも欠かさないように気をつけましょう。

治療例1 【オールセラミックス】

<理想の素材>

オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。

また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。オールセラミックは、お口の中のどの部分にも、様々な形で装着できますので、歯科医院でよく相談し、あなたのお口に合った最善の治療法を見つけてください。

<従来の素材との違い>

オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特徴をもって注目されています。

冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでその強度が問題となっていましたが、最新の技術によって、ジルコニアなどの強度にも優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

●金属
これまで、歯のかぶせ物には金属を利用することがほとんどでした。食事や運動をするとき、歯には自分の体重くらいと言われるほどの大きな力がかかります。

本来生まれ持った自分の歯は、その大きな力を支えるため、水晶に匹敵するといわれる硬さを備えています。 天然の歯を被せる必要が生じて、その換わりとなる材料を探すとき、その硬さを補う人工のかぶせ物には金属を使うしかありませんでした。

●メタルボンドクラウン
白い被せ物を作るときにも、ポーセレンを金属の枠組みに焼き付けて作る陶材焼付け冠(メタルボンドクラウン)という冠が長い間使用されてきています。この冠が従来、審美修復の王道と言えるでしょう。

しかし、金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出ないなどの欠点もありました。

●ポーセレン
内面にジルコニウムという白い非鉄金属を用いることで光を通す天然の歯の色調に限りなく近い歯を作ることができるようになりました           
どの歯が差し歯かわかりますか?

治療例2 【ホームホワイトニング】

<ホームホワイトニングとは>

ホワイトニングとは長い間取りきれなかった汚れが、歯の色そのものを変色させてしまい、 クリーニングをしてもくすんだ状態の方や、歯の黄ばみが気になって口をあけることがコンプレックスになってしまっている方、先天的に歯の色が黄色っぽい、茶色っぽいなどの悩みを抱え、 ご自身の元々の歯の色よりも白くしたいという方にはお勧めの治療です。 痛みや不快感はなく、リラックスした状態で治療して頂け、 施術を受けられる度に白くなる歯にきっとご満足頂けます。

当院でのホームホワイトニングは、貴方の歯型から専用のマウスピースを作ってもらい自宅にて専用の溶液を用いて行っていただきます。この方法ですと、夜寝ている時間を利用して、マウスピースをお口に装着し、約2週間続けることで自然な白い歯になります。

<ホームホワイトニングの基本的な流れ>

  1. 当医院でお口の中の診査を行います。
  2. もし虫歯の治療等の必要があれば、まず最初に治療を行います。
    (もちろん、治療の必要がなければ行いません。)
  3. 歯型取り(印象採得)を行います。
  4. PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)
    ブラッシングでは取れないような歯の汚れや歯石を除去します。
  5. 次の来院の際に歯型から作製したあなたのお口に合ったマウスピースをお渡しします。マウスピースへ溶液の入れ方、マウスピースのはめかたなどをお教えします。
  6. 自宅へ帰り、夜寝ている時間を利用して、マウスピースに溶液を入れてお口へ装着するだけです。(朝まで入れておきます)
    これを2週間程度続けます。
    マウスピースは透明ですので会話もできますし、よく見ないと他の人からは装着していることもわかりません。

<ホームホワイトニングの基本的な流れ>

この溶液(10%程度の過酸化尿素)はオフィスホワイトニング用の溶液よりも刺激の弱い溶液ですのであまり歯が凍みるようなことはありません。もし歯が凍みるような場合があれば、マウスピースをはずせば痛みはなくなります。

一度白くなった歯は永久に白いままではありません。
ホームホワイトニングは元の色調への後戻りが少ないため、半年に1度は当院で確認させて下さい。もし、必要であれば、溶液だけを購入して頂き、ご自分のマウスピースで1〜2日行なえばもとの白い歯に戻ります。ホームホワイトニングでは人工の歯とか、かぶせた歯を白くすることはできません。

審美歯科のよくあるご質問へ >>

ページのトップへ